FC2ブログ

“まほろ駅前協奏曲” 三浦しをん

IMG_2224[1]
多田便利軒シリーズ第3弾
2弾の番外地編は貸し出し中 残念 まいっかとこれだけ借りてきた
読み始めて番外地編で知り合った女性の事が出てきたりして
やっぱ後悔するも時すでに遅し
面白くてそのまま読んでしまった

その女性に惚れてしまった自分を許せるようになっていた多田
決して亡くなった息子や別れた妻の事を忘れた訳ではないが
もう前を見て進んでもいい頃だと
口では行天を疫病神扱いしてるが やはり行天が居た事で癒されていたのだ
だがその行天の目は相変わらず暗闇を見つめており
土足で過去に踏み込んで原因を探る事も出来るが
自身も暗闇でもがいていた多田はそれはやってはいけない事だと判っていた
だが何かキッカケは無いものかと考えていたら行天の元妻から
(行天と契約結婚して娘を体外受精で授かったレズビアンのゲイカップルだ)
仕事で留守にするので その行天の子をしばらく預かって欲しいと依頼され頭を抱える
子供嫌いを公言して憚らない行天は自分の娘であろうとなかろうと
その娘が来ると知ったら出て行ってしまうと思ったからだ
何故子供嫌いなのかと問えば傷付けてしまうからと…
だが待ったなしで子供はやって来た
元妻からは行天の子だとは知らせないでくれと頼まれ
親戚の子だと胡麻化すがカンのいい行天は知ってか知らずかやはり子供を避がちだ
そこへ 無農薬野菜を子供に作らせて売るカルトを仕切っていた男が行天と知り合いだったり
砂糖売りの星にそのカルトを探れと命令されたりでジタバタしてるうちに
行天の過去が見えてくるのだった

なんだかんだ言っても行天の事が気になって仕方ない多田
いいコンビだよ まったく
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin