FC2ブログ

“三鬼 三島屋変調百物語四之続” 宮部みゆき

IMG_2648[1]

今回予約してた作品 もちろん真っ先に読んだ
三島屋シリーズ第4弾だが 出てるのに気が付かなかった
しかも昨日第5弾が出てるし~
しばらくは毎日図書館のHPで確認しまくりな

宮部作品の中でも一番好きなシリーズ
自身の縁談話で婚約者と幼馴染を失い 自分を許せないおちか
自分だけが生きていていいわけがないと ことさらに引きこもろうとするが
心配した療養先である大店の叔父叔母夫妻から 人様の話を聞く仕事を持ち掛けられる
やってくるお客の不思議だったり悲しかったりな話を聞きながら 
自分はどうしたいのか どうしたらいいのか…
今回は 珍しく子供のお客さんが現れて語った村で起こった悲しい話の顛末
そして 道すがら拾ってしまったひだる神(餓鬼ともいう)に憑りつかれ
2人三脚で食べ物屋を繁盛させる料理人の話
次に御取りつぶしとなった大名家の元江戸家老の 恐ろしくも悲しい話
最後は黒白の間に現れたのは老婆の生霊だった?
老婆の話に出てくる香具屋を探して 行きついた先には…

最終話で久しぶりに青瓢箪先生が出てきてオッっと思ったが
先生には断れない縁談が持ち上がって江戸から去って行き
おちかの心中は本人が思ってた以上に傷付いていたのだが
そのおちかをそっと包み込む貸本屋の不思議な若旦那勘一の登場!
っと 続きが楽しみになります 早く読みてぇ~
それにしてもひだる神さんの話
むかしばなしの貧ちゃん神さんを大事にした働き者の夫婦の話を思い出して
思わずニヤニヤしちゃいます
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin