FC2ブログ

“シャーロック・ホームズ 絹の家” アンソニー・ホロヴィッツ

IMG_2675[1]
ドイル作ではないホームズもの
もちろんコナン・ドイル財団お墨付きの新作だ
この作家さんは 子供向け というより 最近だとYA ヤングアダルト向け小説
アレックス・ライダーシリーズ(最近映画化された)や
ダイヤモンドブラザーズシリーズで有名だそうで
何作かは日本でも翻訳されてるけど 中々追いつけていませんね 残念
ホームズシリーズは第2弾まで出てて 今作は第1作目
ドイル財団が認めたくらいだから 奇をてらったのではなく
原作のテイストを受け継いだ正統性溢れる作品となっております

物語は
ホームズと出会ってから長年寄り添って過ごした日々を養老院で懐かしむワトソン
ホームズ亡き後 事件当時の時代故 衝撃的な内容で世間に公開してなかった
ある悲惨な事件を思い起こして書き残そうとするところから始まる
妻メアリーが元の勤め先に乞われて しばらく離れて暮らす羽目になったワトソン
当然のようにホームズのもとへと帰ってゆくのだが
そこへ持ち込まれた画商の依頼は アメリカでギャング団のトラブルに巻き込まれ
その一味がイギリスまで追いかけてきたので 見張って欲しいとのことだった
もちろん興味を惹かれたホームズは安請け合いしたのだが
あっさりと賊は画商宅に入り込み金品を盗まれてしまう
ホームズはベイカー街別動隊の浮浪児を動員して
簡単に盗品の行く先を見つけたと思った矢先
目当てのギャング団の手先は殺され見張っていた少年も直後行方不明になってしまう
責任を感じたホームズは画商の事件とは別に
行方不明の少年を追っているうちに 兄のマイクロフトからも
手を引けと勧告されたが 殺人事件の容疑者として逮捕されてしまうのだった

読んでて 自然とホームズの世界に引き込まれてしまいました
長編は多くなかったドイルが もしもっと長編を書いてたとしたら
こんな作品が出てたかもしれないと思わせてくれるような感じです
むしろ今読むと感じる ドイル作品に対する物足りなさが(短かすぎてねぇ)
解消されてると言ったら ドイルに失礼だよねぇ
後出し最強!
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin