FC2ブログ

“かがみの狐城” 辻村深月

IMG_2669[1]
今年の本屋大賞受賞作~
出たのは去年の5月かぁ 知らなかった…(まぁいつものことよ)
発表があってからはずーっと貸し出し中 そりゃそーよねぇ
でも 図書館でなく図書室の方でアッサリ見つけた時は 思わずガッツポーズ!
ほんと穴場だぜ

何度か大賞候補になった末での大賞受賞だったんすね おめでとうございます
そん時に大体のあらすじ読んだら なんというか… ありがち?(失礼)
でも大賞取ったってことは やっぱ何かが違うんでしょう
本屋大賞という冠には 今までガッカリさせられたことが無かったしなぁ
ますは読んでみなきゃ 文句も言えま~い

物語は いじめに遭って学校に行けなくなった中学一年生のこころ
平日の昼 一人っきりで部屋にいるとき姿見が光って中に吸い込まれる
行った先には何故か狼面の少女オオカミさまがいて
あまりの奇妙さに恐れをなし いったん逃げ帰ってしまう
だが好奇心が勝って 再び光った姿見に飛び込むこころ
そこには年の近い少年少女が6人待っていた
オオカミさま曰 来年の3月30日までに願いの部屋の鍵を見つけたら
たった一つだけ願いを叶えられると聞いて 全員浮足立つが…

ほらぁ ありがちでしょ?色々と 
特に とりあえずのあらすじだけだと余計にねぇ 
最初はそう思って読んでたんだけど 段々とメンバーの事情が判り始めて
こころ同様 面白くなってくるのだ
オチは割とすぐに判ってしまったんだけど(やぁねぇ小賢しい大人って)
ほんとのオチにはまた驚かされたかも
そしてここまではっきりしたハッピーエンドも 珍しいかも
でないと困る 救いようが無いってのは嫌だもん
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin