FC2ブログ

“紅雲町珈琲屋こよみ”シリーズ③~⑤ 吉永南央

IMG_2699[1]
機会があれば読もうと思ってたシリーズ
以前「青い翅」を読んでから すっかり忘れてた
この作品がデビュー作だそうでドラマ化もされてたそうです(勿論見てない)
残念ながら第1作目と2作目が無かったが入荷しそうになかったので借りることにした

物語は
北関東の架空の町紅雲町にある 焼き物も扱う珈琲屋「古蔵屋」老店主草が
巻き込まれる事件が1冊ごとの完結で描かれています
店の従業員久美や配達員の寺田 幼馴染の由紀乃
そしてお客として訪れる人々やご近所さんによってもたらされる
結構シャレにならない事件の数々に 老体にムチ打ちつつ
勘の良さと洞察力とダメなものは駄目!という信念で でもイヤミにならないように
真摯に対応して解決 いやどちらかというとその当事者に働きかけて
上手くいくよう道筋をつけて 本人たちに何とかさせるという感じで 収めていきます

ありがちな悪者はどこまでも悪者って事もなく
でも全くの善人も出てこないから リアリティがあって面白かったかな
出てくるお店がまた 現実にあったら是非伺ってみたいと思わせるくらいいい感じなんです
主人公がお年を召しているということで和服の話がよく出てくるのも
和服好きにはたまりまへんなぁ
作者はこのデビュー作は1編限りのつもりだったそうですが
担当者の方が是非これでシリーズをと言って書かせたのは正解でしたね
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin