FC2ブログ

“夫に出会わないためのToDoリスト” ケルスティン・ギア

IMG_2750[1]
この作家さん 前に読んだYAシリーズもの4冊が面白かったので 
図書館にあった残りの1冊も読みたくなって借りてみた
今回はYAでなく 普通一般向け
っつーか 海外では本当に子どもに読ませたい本とそうじゃない本の区別が強く
本以外にもドラマとか日本じゃ考えられないくらい規制でがんじがらめなんだな
つまりは どんなに話題で読みたくても村上春樹の本なんか売って貰えないし
読めもしないって事なのね つまんねぇ~
自分の子供時代を思い出すと 別に隠れることなく自分の尺度と責任で
ありとあらゆるジャンルの本を選び放題で読んでた気がします

さて 今回は大人向けということで… っていうと 何かエロばっかかと思われますが
そっち方向ではなく ラブコメ作品でそのコメディの部分が何というか…下ネタ満載 
読前にググって得た宣伝文句では「爆笑」だの「捧腹絶倒」だのという種類の言葉が躍ってまして
内容も 夫が有る身でありながら運命の男に出会って さぁこれからって時に
ホームから落っこちて電車に弾かれる!と思った瞬間
6年前の夫と出会う直前にタイムスリップしてて 
結婚後 夫とその周りの人間に嫌気が差していたカティは
夫との出会いを回避し 運命の男と先に出会うべく 策略を巡らし奮闘し始める
っという ありがちなタイムスリップもの(はいネタバレ)だったのだが…
読んでて ドイツ人は質実剛健で頑固はあるが 
日本人以上に下世話でヘンタイだったという事を思い出した
イヤ 外人は日本人をヘンターイ!とか言うが ドイツ人の方がよっぽどヘンタイです!
一時期日本のTVに出ていた 何を言っても最後は下ネタに行き着く
ドイツ人のおっさんがその証拠!
なので延々その手のお話が続くのだが 直球すぎて笑えない…
(イヤ それ以外のとこではクスリとしたけどさぁ)
YA読んだ後だから余計に あまりの落差に付いて行けないっす…
最後が一応ハッピーエンディングだったのがせめてもの救い
私はどうやら ドイツ人が苦手なのかも
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin