FC2ブログ

“原罪の庭” 篠田真由美

IMG_2964[1]
シリーズ第一部完結編!

前作「灰色の砦」で衝撃的な死を目の当たりにして ショックを受けた二人に 
事件捜査を押し付ける形で巻き込んだ責任を感じた神代は 深春に海外でも行って来いと送り出し
京介を自宅に引き取るが 想像以上にショックを受けていた京介の衰弱振りに心を痛めていた
そこへどこかでまたその噂を聞きつけた 古くからの知人門野に
二人の出会いの場となった美杜邸の温室で 3年前に起きた凄惨な一家惨殺事件の
第一容疑者とされた現在10歳の少年の為に 真相を調べて欲しいと半ば強引に頼まれる
衰弱している京介を巻き込むわけにはいかないと 苦悩する神代に
京介の方から 是非その少年に会わせて欲しいと頼まれ驚く
少年は事件後一切口を開かず捜査と治療は暗礁に乗り上げていて
少年を保護する叔母の元に アメリカで活動する小児虐待問題を主に研究する
ルポライターの渡部からの研究依頼があり 対応に苦慮する叔母と共に
渡部に対応した神代は あくまでも少年を犯人扱いし
どんな手を使っても事件を思い出させて 吐き出させてしまったほうが本人の為だと言って
憚らないドライな態度に 反発を覚える
少年を腫れ物のように扱い誰にも会わせようとしない叔母の態度にも違和感を覚えるが
偶然会ってしまった京介だけには何故か少年は懐いてしまう
その後少年は叔母の入院騒ぎでバタバタしていた隙に 一人で神代家の前に現れ
そのまま神代家で預かる事となる
時々発作を起こして暴れるが 京介は少年を蒼と呼んで宥め
京介の言うことだけは聞くようになり 京介自身も立ち直り始めるが…

蒼が京介や神代と一緒に生活する事に至ったエピソードです
京介が何故蒼と呼んだのか 謎が解けた(猫かよ!)
シリーズの最初の頃からすでに 蒼は成長して暴れる事は無くなってるし
スピンオフの「神代教授の日常と謎」の第1弾でも 同居して1年が経過していて
かわいらしい蒼にメロメロのベッタベタの教授が出てきますが
結構大変だったのねぇ
その蒼の為に まだ少し今の京介のままであり続けるが
それも後1、2年で終わるだろう といモノローグで終わってて
おいおい 今度は京介が何故神代教授の元にやってきたのかという
話が出てくるのだろう 楽しみだ
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin