FC2ブログ

“屍人荘の殺人” 今村昌弘

IMG_3445[1]
図書館で予約してた本が 昨日出かける準備をするには遅すぎるビミョーな時間に
入荷しましたとのメールを頂き しゃあねぇ明日にすっか と思ったけど天気もビミョー
今朝7時位までシトシト降ってたし 予報も50パーとかビミョー で諦めた
っが 今すんげぇいい天気になってめっちゃ後悔してる(泣)
自転車だし遅くなって出かけるのが苦手だから仕方ない が予報の嘘つき~おにょれ!!!

さて 初めての作家さんであるが このミスで鮎川哲也賞受賞 ハズレはあるまい
とかいって読み始めたら 苦手なあれZ そうゾンビが出てきて
苦手な私は読むのに四苦八苦 どーしよっかなぁ?辞めよっかなぁ?っと
タラタラ読みつつ 結局最後まで読んでしまった
物語は
大学でミステリー愛好会(会員2人)の部長が夏休みにどうしても旅行に行きたいと
無理矢理映画研究部と演劇部の合同合宿に便乗しようとしていた
去年の合同合宿に参加した女性部員の二人がその後学校を退学していたせいで
参加する部員が減って困っており 部の方にも合宿をするなと脅迫状が来ていて
そこに付け込もうという魂胆にあきれる もう1人の会員の葉村だった
そこへいくつかの事件を解決したと噂される探偵女子大生剣崎から
脅迫状の調査で一緒に参加してくれないかと依頼され 二つ返事で参加する事になる
合宿先では有名なロックフェスが開かれており賑やかだったが
そこで何かが起きたらしく いきなりゾンビらしき集団に襲われ
何人か被害者を出しつつも 逃げ帰ったホテルに閉じ込められてしまう
その晩 映画研究部部長が自室でゾンビに襲われ死亡していたのが見つかるが
封鎖したホテル内部にゾンビはおらず 何故そこで襲われたのか剣崎の推理が始まるが
次から次へと密室殺人が起き 外からはゾンビが迫って部員たちは追い詰められてゆく

いや中々面白かったです
ゾンビの描写がそれ程多くなくて助かった(それでもヒーヒー言いながら読んだけど)
手に汗握りながらギリギリまで追い詰められての推理に釘付けです
この後 剣崎は葉村をワトソンの如く従えて続編「魔眼の函の殺人」で
ゾンビ騒動を引き起こした「斑目機関」の謎を追いかける
図書館の方にあったので今度借りてこよう
ってか 明日こそ行くぞ!図書館!!
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin