FC2ブログ

“新章 神様のカルテ” 夏川草介

IMG_3446[1]
久しぶりの神カル
何作目まで読んだかも記憶の彼方だ
で このブログでも読書録にしてたよな?と検索したら無かったよ
もっと沢山読んだつもりだったんだがな
今回は図書室の方で目にして借りてきたのだが
新しい図書館では あっても1、2冊で 読んだ…よなぁ?なのばっかで
借りる事すら思いつかなかったが 調べてみたら全巻揃ってて
「ぼったくり」シリーズと一緒で人気があって 常に誰かが借りてる状態だったのだ
そして改めて調べたら 私は第2巻までしか読めてなかった ガビ~ン…
ならば このまま一旦読まずに返して 改めて順に読むか?とも考えたが
読みたい気持ちの方が勝った なのでまさか大学院に戻ってたとか
色々と変化があった事にびっくり
そんなこんなでシリーズ第五弾で 新しい章が始まった今作です

まずは冒頭から 娘が出てきてそういえばもう結婚したっけと思い出し
下宿は老朽化で立ち退き話が出ていて
院に通いながら大学病院で内科の勤務医として激務に勤しんでいた
相変わらず「引きの栗原」は健在で
大学病院の融通の利かないシステムに腹を立てつつも「患者の為」が信条だ
若い人には珍しい末期の膵癌患者の女性から治療してほしいと逆指名され
前の病院の内科副部長の時の負け戦さながらの苦しい治療が展開される

医療機関や従事者は例え負け戦でも最後まで治療を諦めたくないが
患者の気持ちを考えると どこで線を引けばいいのか?という問題が浮かび上がる
我が家でも長年病気で苦しんだ父もこれまでかって時に直面した
本人や家族と周りの人間でも齟齬があり正解の無い問題だ

相変わらず グっとくる物語だよ まったく…(号泣)
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin