FC2ブログ

“怪盗の伴奏者” 三木笙子

IMG_3506[1]
えーっと初めての作家さんですね
他のシリーズが読みたくて探したけど無くて バラバラで3冊しかなかった内の1冊
調べてみればこちらは「帝都探偵絵図」シリーズ第4弾でした
シリーズこれ1冊しか無かったけど 面白そうだったので借りてみた

どうやら物語を通して怪盗ルパンに憧れた帝都時代の日本の少年が
怪盗ロータスとなって世間を騒がせ それを追いかける雑誌記者高広と
高広の推理力を買ってる人気絵師礼の探偵コンビの物語のようです
今作では その怪盗ロータスと今はロータスを追い詰める側となった検事安西が
一緒に駆け抜けていた子供の頃のエピソードが語られます
そして何故ロータスは危険を承知で安西の前に現れたのか?!

雑誌記者の高広は自身の推理力を大した事が無いと思ってるのだが
礼の評価の高さにはちょっと困ってる
ロータスにやたらと対抗意識を燃やしてるのは 既刊を読まないとちょっと判らないが
ロータスが高広を小バカにしてると思い込んでるらしく 鼻息が荒い
チャンスがあれば続きを是非!
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin