FC2ブログ

“捏造のロジック” 喜多喜久

IMG_3531[1]
サブタイトル(多分)が「文部科学省研究公正局・二神冴希」となっております
喜多さんの作品はご本人が薬学系の研究科修士課程終了だけあって
研究現場に関連した物語を多く書かれております
前に読んだデビュー作はラブコメチックな軽い感じでしたね

物語は冒頭から あの!STAP細胞を彷彿とさせる 
いや まんまパクったと言っても過言ではないだろう 状態から展開します
ただその後 件の同席していた方がモデルであろう教授は殺され
肝心の研究者永瀬は行方不明になる
2年前 捏造問題で社内調査に携わった研究員円城寺は再びセンター長に呼び出され
その捏造された「PAX細胞」に関する論文が 再び専門誌に投稿されたと聞かされる
世間からの批判がやっと鎮静化したのに これ以上会社の評判を落としてはならないと
犯人探しを命じられた円城寺には 2年前の調査で永瀬の見た目に騙され
甘い調査をしてしまったという 悔やみきれない過去があった
今度こそ 騙されまいと調査に踏み出す

サブタイトルにもなってる 二神さんはかなり読み進まないと出てきません
かなりのスーパーウーマンで ニヤリとさせるキャラの持ち主です
まだ続編は出てないので シリーズ化されるかどうかは不明ですが…
作中 研究者達が捏造に関してかなり憤ってる部分がありまして
これはやはり 現役研究者である喜多さんのメッセージが強く出ているのだと思う
ほんと 何だったんだよ?!STAP細胞? ですからね 未だに

是非他の研究者シリーズも読んでみたいですね
図書館にはあまり無いけど…
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin