FC2ブログ

“放送中の死” ヴァル・キールグッド&ホルト・マーヴェル

IMG_3670[1]
4冊まで借りたい本が見つかってあと1冊ってウロウロしてて目に入った本
タイトルがババンと目に付いたのね
扉に面白そうなあらすじとJ ・D・カーの盟友とあったので
ちょっと古い作品だけど面白そうだと借りてみた

物語は
1930年代のまだラジオが主流だった頃のイギリスの有名な放送局が舞台
技術や機材が進化しておらず高価でドラマも生放送の時代だ
あるドラマの生放送が行われそのさなか殺人事件が起きた
そのドラマは脚本家たっての希望で複数のフロアーやスタジオにキャストを配しての
凝った演出になっており たった一人スタジオで演技をしていた俳優が
本番中に殺されるシーンで本当に殺され
そのドラマを録音していたテープにその瞬間が入っていたのだ
早速スコットランドヤードから刑事スピアーズがやってきて捜査を始めるが…

前述の通り機材は古いし記録媒体も高価で
基本番組は生放送で後に再放送をしたり他社に貸し出す為に本番を録音するのが主流の時代
記録媒体なんて日本でも70年台まではマスターテープですら何度も使いまわしして
オリジナル音源や映像が残ってないくらい高価だったから30年代なんて
そりゃ扱いが大変だったでしょうね
その録音を聞くのにいちいち会社のお偉いさんにお伺いを立てて許可を取らないと
警察ですら簡単に聞かせてもらえない場面が出てきますから
そんな古きでも良き時代の物語です
作者は放送界で長年仕事をしていた人達ですからそれが存分に活かされた作品ですね
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin