FC2ブログ

“まことの華姫” 畠中 恵

IMG_3687[1]
ついつい人気シリーズにばかり目が行ってしまいがちな畠中作品の中では
逆に珍しい1冊完結もの
いつかは読みたいなと思いつつ忘れていたのでついに借りてみた
タイトルから単純にお姫様のお話かと思ってたら全然違~う

物語は
江戸は両国橋の盛り場の見世物小屋の一番人気は
美しいお華という人形を使った今でいう腹話術士の月草だ
だが月草以上に華姫と呼んで追っかけが付くくらい人形のお華の方が人気で
そのお華の出自から「まことの華姫」と呼ばれ彼女の口から出る言葉は
月草がしゃべってるだけなのに 何故か本当にしゃべっていると勘違いされ
付け火の犯人やら行方不明の子供の真贋を教えてくれとか頼りにされ
困ってしまう月草だった

月草の腹話術が凄すぎて巻き込まれる事件の数々
もしかして本当に何かが宿ってるのかとも思ったが
月草が持ち前の推理力で謎を解き明かしていくのでそっちを期待してたら
ちょっとガッカリかも…
でも悪くないです
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin