FC2ブログ

“三月は深き紅の淵を” 恩田 陸

IMG_3713[1]
読書を再開して初期の初期に読んだ「麦の海に沈む果実」の作中に出てくる
行方不明になった謎の本が今作で 上梓はこっちの方が先でしたね
私の記憶では「麦の~」の物語には直接関係無かったと思います(多分)
なので関連はあるものの まったく内容的には関係ないと思って読み始めたのですが…

4章からなる不連続中編集で 唯一タイトルが「三月~」の本が共通で出てくる
ある書き手によって厳選され選ばれた配布先にのみ存在した私家版の4部作からなる本に
纏わる物語で章ごとに内容は異なっているからちょっとややこしいかな
第1章は架空のタイトルをでっち上げこれから書こうというという時点で終わり
第2章はたまたま本を読んだ事のある編集者二人が記憶をもとに
執筆者を探しに出雲へ寝台列車で出かける話で
第3章は苛烈な人生を嘆いて命を絶った少女の物語をこれから書こうという話
そして第4章では多分筆者であろう作家が「麦の~」を書いているパートと
出雲へ取材旅行へ行った時のパートと これからネタにする回転木馬について
作家としてこねくり回してる場面が混在していてフィクションだろうとはいえ 
ある程度本業の作家さんはこんな風に本を書いているのだろうなと思わせる
とても興味深いトリッキーな内容でした
色々と凝ったことをしようとしていたんだなと 単純な私は思ってしまいます
本当はもっと深読みしなきゃならんのだろうが
私には無理 いいの好きに読ませていただきます
今回は続編の「黒と茶の幻想」を買いそこなったので来年あたり買おうかなと思う
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin