FC2ブログ

“祝祭と予感” 恩田 陸

IMG_3710[1]
直前までトリッキーな「三月は深き紅の淵を」を読んでいたので
ストレートで素直な今作はホントに同じ作者だったっけと思いながら読んだ
20年も開きがあればしょうがないかと思いつつ
何かしら事件が起こるのでは?!とビビるも
何事も起きないのでちょっと勝手に肩透かし
大ヒットした「蜂蜜と遠雷」に出てきたキャラ達のスピンオフ短編集で
スラスラっと読めてしまうのだが その贅肉をそぎ落としたというか
余計なものは要らない味わい深い小品の数々となっております

バイオリンからヴィオラに転向した奏が楽器選びで経験した軌跡と奇跡
マサルと師匠の良い音楽はジャンルを超える
そして塵と師匠の出会い
どれもキラキラした宝物です(うぉー恥ずかしい)
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin