FC2ブログ

マリー=ドミニク・ルリエーブル ”サガン 疾走する生”

マリー=ドミニク・ルリエーブル ”サガン疾走する生”
フランソワーズ・サガンの数ある評伝のひとつ
サガンは高校生の時 すごくハマッてた作家の一人 やっぱ高校くらいの時って
こーゆーの好きですよねー 刹那と退廃と
そして本人の生き方も作品に負けず劣らず ムチャクチャであったわけだけどね
取り巻きをいっぱいはべらせて騒々しい中 隣の部屋でその喧騒を聞きながらでないと
本が書けないなんて どんだけ寂しがりやなんだこの人は!
そしてその取り巻きを惹きつけておくために 金を湯水のごとく使って借金だらけ
しかも 三作目執筆中に事故った時の後遺症の痛みを 我慢出来なくて
ドラッグに手を出して以来 死ぬまでドラッグと酒でボロボロだった
父親に甘やかされて育ったせいで 我慢するということができない人間だったそうです
でも 売れっ子作家でしたから ちょっと書けばお金には困らないことが
余計に 彼女を助長させたんでしょうね 90年代を過ぎても飲酒運転で事故ったとか
ニュースになってたくらいですからね あっまだやってんだこのオバさんは状態でしたけど
最後のほうはあまり書けなくなってて また書いてもそんなに売れてなかったから
お金に困って でもドラッグは止める事が出来なくてって かなり荒れた晩年だったんだね
サガンらしっちゃらしいんだけどね 自身も”好き勝手やってやった!”って人生だったんじゃないかなー
コレ読んでやっぱ 久しぶりにサガンが読みたくなって 高校時代の本を探したが
自宅に置きっぱのまんま 留守してる間に処分されてて無かった・・・残念 スゲー読みてー
しかも あっしが読んでた頃の朝吹登水子訳版は 絶版になってて古書店でしか手に入らないのね
最近は 河野万里子訳で新訳版が出てるのだが(新訳バンザイ!) まだ数冊のみ
後年の作品は翻訳すらされてないのも多いので それらも合わせて
どんどん 出して欲しいなー 全集にしてもらってもいいと思うくらい 好きなんです
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin