FC2ブログ

早瀬乱 ”三年坂 火の夢”

早瀬乱 ”三年坂 火の夢”
早瀬さんの作品で 最初に読んだのは”サトシ・マイナス”で 記憶喪失の主人公が自分探しに奔走する物語
主人公の友人が あまりにも古本屋(イマドキのやつね)が好き過ぎて その店を会社ごと買い取ってしまい社長として しっかり経営している部分に激しく感動&羨望の眼差し 羨ましいわ
次に”レイニー・パークの音”を 読みまして 最近この”三年坂~”を読んでて 出てきた高島鍍金(メッキと読む)が ”レイニー~”にも出てきた探偵さんだと気付いた
っていうか こっちが先に出た作品なのね 知らんかった
物語は江戸時代からそんなに時間が経ってない頃の話 元士族だったが今は一介の庶民に過ぎない家庭で育った青年実之
高校受験を控えているが 家が貧しくて資金繰りが付かず 勉強にも身が入らず生殺しの状態
唯一頼みの綱であった 東京で帝大に通う兄が大学を辞めて家に帰って来て直ぐ 謎の言葉を残して急死してしまう
勉強より謎の言葉が気になった実之は 受験にかこつけて東京に行き 謎解きに駆けずり回ることになる
その話と平行して 鍍金は勤め先の予備校で出会った帝大生の立原と 東京の大火の放火犯の謎を追う事になる
この実之サイドの”三年坂”と 鍍金サイドの”火の夢”の物語が交互に 時には重なり合いながら進んでゆく
もしかして ”レイニー~”で出てくる 今作より少し時代が進んで年を取った鍍金さんの探偵助手は この実之君だったんだろうか?
読んだのがちょっと前だったので 忘れちゃったな もう図書館にも無いし
これは面白かったので 何回か読み返しました ”レイニー~”も も一回読みたい
鍍金さんシリーズ 続きを激しく望む!
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin