FC2ブログ

稲藁を焼かない秋

2011. 10 .30
一回につき 図書館で本を限度の5冊目いっぱい借りて来るのだが 5冊が5冊共面白いとは限らない
この読書録には 面白かったのしか載せないと決めているので 今面白が無いから今日は普通の日記!
といっても 写真は まだ秋の10月30日の 自宅の窓から見えた稲刈り直後のちと古い風景
ケータイの写真ゆえ 小さくて判りづらいだろうけど 田んぼにコロコロ転がってる俵状の物体は 専用の機械で丸めた藁の塊で 多分一個の直径が1.5メートルくらいの巨大な塊
アタクシの住む津軽地方では 例年ではさっさと出稼ぎ行く為に 田んぼの藁なんぞ火をつけて処分するのが常
だが今年は違う! いつもは藁焼きの煙で一帯が白くなって 喉が痛くなったり風邪を引いたりするのだが
今年は藁焼きをする農家が殆ど無く 皆さんキッチリ丸めてトラックで何処かへ運んでいるのを見かけた
何でだ?!と思ったら やはり震災の影響なんですね
震災の後 放射能に汚染された稲藁を宮城や岩手 茨城から購入した牧畜農家が二次被害に合う騒ぎがありました
それで 稲藁不足に陥った為 何時もは焼却処分するだけだった 本州最北の稲藁に御呼びが掛かったと
以前から 稲藁は焼却せずに 二次利用を!と呼びかけてはいたのですが なんせ面倒臭がりな津軽衆
まぁ滅多に売ってくれっていう引き合いも無かったから 今まで焼却オンリーできたわけだ
今年だけでなく 来年もこうだったらいいのにねぇ
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin