FC2ブログ

大野更紗 ”困ってるひと”

大野更紗 ”困ってるひと”
借りて来た本読んでしまったけど 天気が悪くて中々図書館行けなくて ネタ切れの為プチ放置してしまった 悔しい・・・
昨日やっと 少しだけ寒気が緩んだので 路肩の雪が軟らかくなるのを待って 何時もより2時間程遅く図書館へレッツゴー!自転車は 凍った雪に乗り上げるとキケン ハンドル取られて転ぶのよ
先週末の大荒れの強風は凄かったー 出来上がったばかりの道路の防雪柵が全滅してて 業者さんがやり直してました この柵が無いと村への入り口が雪で塞がるので大変なのだ
柵どころか 築45年のボロい我が家の壁も壊れてまして あらまあどうしましょう?です 直すくらいならとっとと解体してもっと暖かいとこに引っ越したいです
誰か田んぼ買ってくれっ!

さて 昨日新刊コーナーで この本見つけて早速借りてきて読んだ ”ほぼ日”で大野さんを拝見してすっごく気になってたの
明るい文体に助けられて アッという間に読んでしまったけど・・・
言葉で大変ですねぇとか 同情するのは簡単だけど うちでも以前直らない病気を抱えた家族が居たから良く分かる
ほんとに 困ってるんだなって 
麻酔無しで切り刻まれる(!)話とか ヒェーッの連続だし 病名が判らなくて病院を転々とした話も凄いが
やはり 今後どうやって生きていくかが一番の問題だよね うんうん 特に金銭的な問題 生きるのには金が要る!
主治医とのやりとりで 医者に”地元帰って親の世話になるのが一番”的な発言をかまされるが 
現実問題として 治療に通えないとこに帰っても仕方が無いし 親の負担が大きすぎる 第一親だって何時までも生きている訳ではないので その先の自立を考えなくてはならない
そうなると 行政に頼らざるを得ないのは当然だと思う しかし今の世の医療制度などボロボロで穴だらけで使えないのも事実 アテにするな!と医者はのたまう
しかし ”精神の堕落が治療の妨げになる” 云々には ちょっとあきれたかも
根性や気合や努力で 病気が治るんなら誰も苦労はしないっつーの 医者が言うなよ医者がっ!
大野さんも書いてたが 結局お医者さんになる人って 全員がそうだとは言いませんが やはりいいとこのコだったりするから ちょっと現実離れしてる(世間知らずともいう)人が多いのかな
医者になるのには相当の努力が必要だが それに集中するだけの環境が与えられた人ってのは やっぱ恵まれているのだと思う ただそれを本人が自覚してないんだろうけど
どんなに病気でのた打ち回っていても 恋をすることは押さえられないっつーとこに泣き笑いしてしまいました なんか救われたし やっぱこれ必要でしょ
にもかかわらず このお医者さんの ヒドイ言い様ったら・・・もお
でも 大野さん負けてません 使える行政をフルに利用して自立の道を 医者に隠れて確立してしまう行動力には 感心しきりです
今後も病と付き合いながら 大野さんはこの国における医療制度のマズサと戦っていくんだろうな
もしかしたら いつかは自分の身にも降りかかるかも知れないことです
これは ちゃんと考えて生きていかないと
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin