FC2ブログ

鎌田屋のつがる漬

鎌田屋のつがる漬 小袋
クリスマス寒波だと脅されまくりで目覚めた今朝は いい天気!風はビョービョー吹いてるしたまに吹雪いてるけど いい天気!!どーなってるん?
でも一昨日もそうだったけど 昼天気がいいと 放射冷却で夜メッチャ冷えるから寒いのー

さて写真は津軽の名物 鎌田屋のつがる漬 小袋タイプ 
色んなグレードや種類があれど 一番リーズナブルで利用頻度の高いヤツ
つがる漬は鎌田屋さんの登録商標で 他のメーカーさんは津軽漬(醤油昆布漬)という総称の基色々出しております
そして今頃の時期 お歳暮として沢山出る商品です ライバルはリンゴジュース!
多分ルーツは北海道の松前漬 あちらさんはひたすら細長く刻んだスルメ 大根 にんじん 昆布ですが
こちらのは スルメ 大根 昆布 数の子を 細かく刻んだのが基本
けの汁のように 何でも細かく刻むのが 津軽衆の好みのようです(細長いのがメンドくさかっただけだと思うけど) 
食べ方はご飯にかけてそのまま食べるか 胡瓜のスライスや食用菊 ナメコ 貝ワレ菜などを和えるとちょっとしたおかずになるので 良く作ります
食感はツルッツルで 納豆よりあっさりしたネバネバ系と申しましょうか 味は全然納豆ぢゃないんだけど
納豆が苦手な人は駄目かもねー うちの親戚で納豆を食べない九州から来た嫁は苦手だそうです
昔アタクシが小さかった頃 甘めの味付けでツブ貝のスライスが入ったのが好きで 良く食べてたんだけど
今は見かけないのよねー なんかすっごい食べたい
味付けからすると もしかして お隣の岩手県のメーカーさんのだったかも
甘めの味付けのは 県内メーカーでは殆ど無い 何故か?
それは年寄りが ご飯のおかずが甘いのを嫌うから おかずはギリッとしょっぱく!が年寄りの言い分だが
ホントは 昔砂糖が貴重品だったので 貧乏な県民は普段の料理に使いたくても使えなかっただけなのよね
そのせいか お赤飯や茶碗蒸し そして津軽地方のお稲荷(殆ど餅菓子)など 晴れの日の料理は甘い!
甘いのがご馳走だったのねー
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin