FC2ブログ

O.R.メリング ”夢の書”

O.R.メリング『夢の書』
児童書のコーナーから借りてきました
でも 児童書だからって 侮れませんよー

アイルランドのダブリン生まれで カナダ育ちの作者が
両国を舞台に 妖精界との出会いを書いた ケルトファンタジー シリーズの一つ
だそうで シリーズが何作かあるんですが やはり全部読めてないのですが 楽しめました

主人公は シリーズ3作目”光を運ぶ娘”の ダーナ
妖精と人間との間に 生まれた少女で アイルランドで母親の住む妖精界を救ったのに
父親の都合で カナダへ移り住んでから すっかりやる気を失くしてしまう
そんな 妖精界に更なる危機が迫っているのに 目を背け現実逃避してばかりの日々
学校にも馴染もうとしないのだが 新しい学校で出会ったクラスメートに
気になる 男子を見つけドキドキするのだが その少年は狼だった…

ありがちっていえば ありがちですが ファンタジーってそんなもんでしょ
あっ でも否定する意味ではないですよ
ワクワクさせてくれます
インド人の継母が不思議な存在感で 癒される~
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin