FC2ブログ

宮部みゆき ”桜ほうさら”

宮部みゆき『桜ほうさら』
宮部さんの書く 時代物って なんで面白いんだろう ハズレ無いよねー
現代ものでも 「小暮写真館」や「名もなき毒」シリーズは好きですが
それ以外は ちょっと苦手かも…

物語は 江戸時代の素浪人 古橋笙之介の 父が巻き込まれた ワイロ事件の顛末記
最初の結婚が失敗に終わり 冴えない下級武士の古橋家に嫁いだ 
大層立派な武家の出の 母親と長男は(それがそもそもの 出発点だね)
上昇志向が強く うだつの上がらない夫と 次男笙之介は 非難されてばかり
そんな父が 藩の覇権争いに 利用され殺されてしまい
古橋家は お家取り潰し 笙之介は 寺子屋の下働きに 身を窶す
そんな笙之介は 寺子屋の師匠に 江戸に出る事を勧められ 江戸で戯作の下書きという 仕事を得
父を陥れた 偽造署名をした人物を 探し始めるのだった

お正月に NHKで ドラマ化され 観た人も多いのでは?
私も見たのですが やっぱり別物ですな
大体 一時間半の枠に 収まり切れない話ですもん
原作の方が 面白かったです
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin