FC2ブログ

伊坂幸太郎  ”バイバイブラックバード”

バイバイブラックバード 伊坂幸太郎
ついこの前 ”オー!ファーザー”や”SOSの猿”読んだばっかなのに
伊坂さんの本はガンガン図書館に入荷してきます 人気ある証拠
もちろん私も大好きです 
他の作品もそうだけど 主人公をはじめ 出てくる男性キャラにカッコイイ人が多い
今作の主人公も 一度に沢山の女性とつきあってる困ったチャンなのに
何故かニクめないヤツ 実際近くにいたら私は嫌だけど
こういう男性に弱い女性は 多いんだよな マメってゆうのかなー
で この主人公も借金で首が回らなくなって 一生帰れないトコロに行く羽目に
なってるっつーのに(○臓とか採られるんだろーな)
後に残してく女達を心配して 期限ギリギリまでアフターフォローに走り回る日々
そして そんな男の見張りに付いて来る組織の女が これまたスゴイ
怪獣女と揶揄される 見た目も性格もキョーレツな女”繭美”
読んでて速攻 タレントの ”マツコ デラックス”が頭に浮かんでしまったのは
私だけでは無いはず!
なのに こんな怪獣女マツコですら 虜にしてしまう男って...
さて この本の帯の後ろに ”太宰治のグッドバイからインスパイアされて創った 云々”と
作者の言葉が書いてあったのだが 私は太宰が苦手 いや嫌いだ
学校の教科書に載ってた”走れメロス”しか読んだことが無い
その授業で ありきたりで道徳的な説教をされ 勘弁してくれよなーって思ってしまったのは
若さゆえなんだけど(苦) 一緒に太宰も一生読むもんかっ!ってなっちゃった
でもそれだけじゃない 私が生まれ育った場所は 斜陽館のある街とは 大きい川を挟んだ隣街
太宰の命日”桜桃忌”には毎年 地元のテレビニュースで
全国から太宰にどっぷりつかっちゃてる 喪服を着た怪しい方達が集ってる映像が
観られちゃうわけで なんだこの異様な雰囲気は?!と
アレ毎年観てると 読もうかなーとは 思わなくなるよ
しかもちょい前に太宰と心中した女性を主人公にした 松本侑子著”恋の蛍”を読んで
更に 太宰憎しメーターマックスに!!
太宰と遭わなければ心中なんてしなかっただろうになー
なんか この作品の主人公と太宰が ダブッて見えます
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin