FC2ブログ

”桜庭一樹短編集” 桜庭一樹

IMG_0457[1]
桜庭さんの 2006~2013年までの 短編を6篇集めた一冊です
タイトルを見て ニヤリとしたのが 「青年のための推理クラブ」
以前読んで 大好きだった「青年のための読書クラブ」に 関係あると思った
作者曰くパイロット版だそうで 短くて(短編だもの) 残念なくらいでした
「五月雨」の 舞台は実在する 山の上ホテルで 長編モノにせず
短編でまとめたのが 良かったと思う ありがちなネタ(吸血鬼とハンター)なんだもん
でも 雰囲気 良いです
そして 一番気に入ったのが 「冬の牡丹」
親の期待を 意識しすぎて ムリして壊れたイイ子ちゃんだった 30女が
自分のふがいなさを 認識して認めて また認められてって 話
安普請なアパートの 隣人で大家のジーサンとのやり取りが 最高だった
「赤い犬花」は 一応現代の話なんだろうが ちょっと今こんな田舎はねーぞってくらい
古い雰囲気プンプンである だから小説なんだよねー
親の勝手に振り回されて それでも精一杯な 子供達が愛おしい

いやー桜庭さん 大好きですわー
GOSICKシリーズも 好きだし もっともっと読みたーい!
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin