FC2ブログ

”フェルメールの仮面” 小林英樹

IMG_0476[1]
フェルメールもまた 現代では評価が高く 未だにそれっぽい作品が出てきては
真贋論争が耐えない画家だ 描いていた当時は評価されていなかったからね
二束三文の扱いを受けつつ 食べる為に安く売っていたので
とんでもないところから 出て来るし もともと作品自体が多くはないしで
だから 真作が発見されただけで 大騒ぎである

物語は 美大の受験の失敗を期に 世界的に有名な 模写の専門家に弟子入りして
絵の勉強をした 主人公が恩師の誘い(複製画家になる事)を 断り
自分の絵を極める為に 小樽にやってくるところから 始まる
ところが模写士としての 評価が高かった彼は 滅多に見られない本物の
フェルメールの絵の模写を依頼され 好奇心とプライドが勝って引き受けてしまう
この現代の話と並行して ナポレオンがいた時代(昨日も書いたな)に
画家を目指すも 目が出ず 贋作作家として生計を立てざるを得なかった
アンリという ほぼ無名の画家が フェルメールに入れ込むあまり
フェルメールに成りすまして 新作を偽造する行為に手を染める 話が進行する
主人公は自分の意思と関係なく 贋作を作る犯罪に加担させられ
自分が修復した 絵自体がアンリの描いたニセモノで それがフェルメールの作品として
世間に出てしまい 良心の呵責と 身辺に危険が及んだ事から
何とかして この状況を打破しようとする お話だ

因みに物語の中で 真贋論争のある 板に書かれた絵というのは
実際 今も真贋が取りざたされている作品だ 言われて見ればちょっと違うような…
パレットナイフの絵の具の盛り方の 角度から 効き手が違う画家が 混在して
1枚の絵を 描いてる事に気がつくとか すごい世界である
真贋って 科学的な調査もあるが こうゆう部分とかも すり合わせて判断するんだな
模写はただのニセモノにあらず 痛んだ本物を守る為にも必要だとか 考えさせられました
ナポレオンが戦利品として 各地で強奪した美術品を返還する時に
ニセモノの方を返したらしいとか ちょっと有りえるお話に ニヤリとしたり
もちろん どんなに 好きでも手に入らない 有名な絵の出来のいい複製だったら
誰だって欲しいし 私だってお金とそんな絵を飾れる家があったら 是非欲しいですもの
現代のテクノロジーで作った印刷物ですら 結構いいお値段ですもの
実際に 画家が書いた模写なら お金を払う価値があると思う
ただ 割り切っていればいいが 模写しか評価されない画家も 大変だろうな
そーいえば 昨日TVで見た ルパン3世の浮世絵 5枚セットで 54万円!
たっけーなおい!! でもカッコ良かった スッゲー欲しー
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin