FC2ブログ

”カッコウの呼び声” ロバート ガルブレイス

IMG_0479[1]
久しぶりの 外国産ハードボイルド物
世界的にもまだまだ ハードボイルドは根強い人気を 誇っております
場末の図書館だから ハヤカワミステリとかの 最初っから文庫でしか出ない
探偵モノとかって 入って来ないから 中々読めなくてねー
読みたい 探偵シリーズは 星の数程あるんだが
まさかハリーポッターの作者 JKローリングが偽名でハードボイルドを書くとはねー

主人公は 30代半ばのイギリス人で 片足を失って退役した元軍人
見た目は 毛深くていかっちい大男 不摂生がたたって腹がでている
世界的に有名な ロックアーティストの父親と有名なグルーピー(懐かしい響きだなオイ)の
間に生まれたが ありがちなワンナイトスタンドで 奔放な母親と放浪の人生を送り
見かねた親戚に引き取られ 種違いの妹と育てられた 母親はその後ドラッグで死亡
父親とは 本人曰く 「2回しか会った事がない」 が口癖だ
物語は 主人公が長年付き合ってきた性悪女と別れた直後の事務所に
契約停止をし忘れてた 派遣会社から派遣された 秘書のロビンがやって来る
女と別れたショックと 仕事がうまくいかず 金銭的に困っていたので
断ろうとしたが そこへ依頼人が次々訪れ どさくさに雇う羽目になってしまう
ロビンは 勤務先が憧れていた探偵事務所と聞いて 小踊りするのだった
主人公コーモランは 転校人生で身に付けた 処世術と観察力で
頭の中で 根気強く理論立てて推理をするタイプで 見た目にもかかわらず
生理整頓が得意で 良く気が付くタイプだ ちょっと誘惑に弱いところはタマに傷だが…
引き受けた依頼は3ヶ月前に起きた スーパーモデルの自殺として片付けられた事件で
殺人だと考えている 弁護士の兄から 再調査してくれという内容だった
関わった人達から 忍耐強く話を聞いて回る コーモラン
そして この延々と話を聞く事を繰り返してるうちに 綻びが浮かび上がってくるのだった

コレは読んでて見事でした 綿密に組み立てられてます 流石です
新人ではあるまいと 調査されて ローリングだとバレてしまったのも頷けます
コーモランは 理路整然と生理整頓が出来ますが それに輪をかけて
ロビンは大胆な行動力とデキる調査能力で 事件の解決に協力します
素敵なバディ誕生です この後どんな関係になっていくか 楽しみです
すでに 去年の暮れ日本でも続刊が出ていて 本国では3作目が出ると聞きました
もちろん 読みたいですチャンスがあれば
そして ハリーポッターも 舞台の戯曲を書籍化するとかで 読んでみたいです
後 新作映画「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」も 見たいし
何より それを ノベライゼーションして欲しいです
えーーっと カジュアルベーカンシーは今のとこは いいや
にしても この作品 松岡訳じゃなくて良かったわー
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin