FC2ブログ

“図書館のキリギリス” 竹内真

IMG_0518[1]
今までで読んだ図書館モノといえば 瀬尾まいこさんの「図書館の神様」が面白かった
瀬尾さんのは ふんわりしてて図書館の中だけで完結してしまったが
こちらは 思っていたよりズシッっと詰まってる感じ

主人公は 夫婦仲が冷え切っている中 夫が行方不明になって3年の法廷離婚事由で
離婚が認められ 仕事を探していたところに 大学時代の友人から勤務している
高校の図書館(図書室は正式には図書館なんだそう)で 学校司書の欠員が出たんで
やってみないかと誘われ 読書好きなので引き受けてみる事に と ここまでは普通 
この主人公 実はちょっとしたサイコメトリーの持ち主で 前任者の司書が残していった
マニュアルから残留思念を読み取り 無念さがにじみ出ていたのが気になってしまう
折りしも 前任者の私物があて先不明で戻ってきたのを 言い訳にして
あれこれと 先生や生徒達の証言と本に残された残留思念から あっさり居場所を
見つけてしまい 突然辞めた理由を知るけど さほど引きずらないのよね
本を通して生徒と 触れ合ったりして どうやって皆に本を読んでもらうかあれこれと
工夫をして 生徒達に色んな興味を持たせていく過程が描かれています
そして 行方不明になっていた元夫が 何をしていたのか解って動揺するのだった

図書館の司書といえば ちゃんと大学を出て資格を取らなくてはならないのだが
学校司書というのは 資格が無くてもなれて 5年以上は雇ってもらえないし
学校の都合次第で どうにでもなってしまう残念な立場の 雑用係なんですね
読書好きは憧れるが 中々大変なお仕事のようです
やはり キリギリスでは 駄目なのねー
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin