FC2ブログ

“東京帝大叡古教授” 門井慶喜

IMG_0566[1]
いかんいかんいかーん 殿下ショックで呆然としてる間に すっかりさぼり癖がっ
もう ちょっとで5月やないかーい! 早いなー

門井さんは 美術探偵シリーズがお気に入りだ
物語は 明治後期の日露戦争が 終わるか終わらないかくらいの お話で
熊本から 母校校長の知己を頼って 大学入学を目指すために出てきた東京で
帝大教授の殺人事件に巻き込まれてしまい その知己である宇野辺叡古教授に
仮名を押し付けられ 犯人探しを言いつけられ右往左往する羽目に
最初は何だかとぼけた事件で 大した事ではないと思われたが…

読んでいて 最初そんなキナ臭い話では無いと 思っていたのだが
読むにつれて 段々と危ない話になってきて 当時の実在の歴史上の有名な人物が 
これでもかと出てくるにつけ 歴史音痴の私にはヒェー状態になってしまったよ
最後に 仮名の主人公の本名が分かるのだが 私には???であった
判る人には 判るんだろうが 正直歴史苦手なんで スンマセン(汗)

さてさて 話はガラリと変わりますが
Sherlock シリーズ4の撮影情報が 次々と入って来て ウレシイ昨今であります
しかも 本国エゲレスでの放送が ほぼ17年年頭という 思っていたよりも
早い時期だったので 大喜びだわー 来年早々観られそうです
そして 更に最近 The Hollow crownという やはりBBCの2012年からやってる
ミニドラマシリーズがあるのだが その第二シリーズがやっと6月に本国で放送が
決定したそうで えーっ 今頃かいっ!?って 別な意味で驚いております
第一シリーズを12年に放送してから ずーーーっとやってなかったのね 意外
14年にはすでに ベネディクトでリチャード3世を撮っていたんだよね?
本国ではとっくの昔に放送済みかと 勝手に思っていました
シェークスピアの史劇の戯曲を元にした 歴代の英国王大スペクタクルですもんね
だが 歴史は国内国外どっちも苦手 けどけど観てみたーい!
第一シリーズも観てないから 余計に話が判らなくて苦労するだろうが
ベネさんのは観たい!
で アマゾンで調べたら 何と英語版しかない 第一シリーズの放送自体
最近Huluであっただけ あまり一般向けではなさそだもんな 日本語版作っても…だな
どうしよう 話が判らないまま観るのはイヤだー でも全部訳す根性が無い
だって 他国の歴史なんざ なんぼベネさんが好きでも 興味無いもんなー
やっぱ第二シリーズだけ 買っちゃおうかな? 6月までユルユル考えるわ
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin