FC2ブログ

レイモンド・チャンドラー ”ロング グッドバイ”

レイモンド チャンドラー”ロンググッドバイ”
普段あまり読まない翻訳モノですが チャンドラーの”フィリップ・マーロウ”
シリーズは高校生時代にはまってから 30年以上ずーーーっと私の愛読書です
思えば 高校時代はチャンドラーとフランソワーズ・サガンばっか読んでたなぁ
その頃は音楽や映画そして文学全てにおいて 日本のモノはダサイと思い込んでた
どうしようも無い外国かぶれで 外国のコトばっかに気が向いておりました 
今現在とは 随分価値観が違ってたんだなと 自分でも驚くばかり
特に音楽に夢中だったので 少ないお小遣いでレコードを買うのに精一杯で 
あまり本までは手が回らなかった(金が回らなかった)中で
マーロウシリーズは特別でした 勿論その当時買った本は今でも宝物です
そしたら最近 私が敬愛して止まない作家である 村上春樹翻訳で 
マーロウシリーズを出すという 私にとっては大ニュースが耳に入ってきたのは
3年程前でした そーりゃもう 狂喜乱舞でしたさ 
マーロウの翻訳といえばずーっと清水俊二さん(故人)でしたが 
村上さんが今作の巻末で語っているように50年も経てば 翻訳し直すのは 
当然だという考えに 賛成です 清水さんの訳も渋くて良かったですが
村上訳も是非読んでみたい!と思う マーロウファンは多いと思います
なんせハードボイルドの王道ですからねぇ 村上訳のマーロウは
スピード感がアップしてて 読み易くなってると思いました
そしてマーロウのカッコ良さも相変わらずです
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin