FC2ブログ

“極北クレイマー” 海堂 尊

IMG_0697[1]
先に 「極北ラプソディ」 を読んでしまったので 結果は知っているのだが
それでも 人間観察的に面白いし こっからアレに繋がって この人がこーで…
結構 こんがらかってしまいますね

極北大の医局で教授に立てついて 島流しに遭った外科医今中は
赤字垂れ流しで 環境悪化の一途をたどる 極北市民病院へ赴任してくる
臨時雇いでヒドイ扱いを受けるが なんとか現場を良くしようと試みるものの
産婦人科医の三枝と 東京帰りの看護士並木以外は やる気がまるで無く
目立ちたがり屋の室町院長と 平松事務長の間に挟まれ 看護士にも無視され孤立してしまう
聞こえてくるのは 病院が潰れるかもとか 医療事故があったとか 暗い話ばかりだ
そこへある日 美人だがデカイ女 姫宮がハケンの皮膚科医としてやって来る
姫宮は今中が破れなかった壁を軽々と破壊しまくり 先だっての医療事故に対して
調査委員会を立ち上げなければ ヒドイ事になると脅し 立ち上げる事に
だが 日々のんびりした環境にダレまくっているうちに 不穏な動きをする
自称医療ジャーナリストの女にそそのかされ 医療事故の当事者が訴えを起こし
訴えられた三枝が逮捕されてしまうのだった…

丁度 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 の後のお話ですね
勿論 出てくる主要人物は 全てどこかの物語とリンクしています
それを 調べているだけでも楽しいのですが
姫宮きたーっ!って喜んじゃいました 「螺鈿迷宮」で 見せた破壊力は健在で
少し大人しめでしたが この期待を裏切らない活躍っぷり
海堂さんの キャラクターの中でも 一番好きです
後 無理くり 色んな役職を押し付けられてしまう 今中先生が誰かさんにそっくりで
極北のグッチー誕生か?!と ほくそ笑んだり
今中はその後も 色んな事に巻き込まれて 極北の期待の星になっていくのですが
続きは ラプソディで
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin