FC2ブログ

“まほろばの王たち” 仁木英之

IMG_0698[1]
仁木さんの 僕僕先生シリーズ 以外の作品です
例によって歴史が苦手なので 教科書で読んだことがあるくらいの知識しかないし
聞いたことがあるなって事以外は まるで不案内なんで ちょっと説明もおかしいかも
なので 許してね

物語は 蘇我氏を滅ぼして朝廷の実験を握った 中大兄皇子の時代
都には 人の魂を喰らう鬼が現れるようになり 験者を使って古き神や妖を根絶させようとする
その験者大蔵に仕える娘 広足は蘇我氏に滅ぼされた物部の一族の生き残りで多少術が使える 
神をも恐れぬ大蔵のあまりのやりように 退治するはずの妖に傷を治す術をかけてしまい
命が危うくなった大蔵は 自信の部族の格下の験者小角を呼び出し 助けろと命令する
小角は広足に では何を対価に差し出すか?と 問われ困るが
小角に お前の作る飯は美味いからお前を差し出せ と云われ 大蔵は渋々承知する
それから5年後 広足は迎えに来た小角と 山で修行をする事になった
折りしも山では 神々が行方不明になる事件が起き 土蜘蛛の姫洗糸が小角に助けを求めてきた
山で起きている事と 都で起きている事双方とも 相手方の策略と決めつけ
戦になるのを避けるため 山の神や民と 皇子の弟大海人皇子と皇子の娘が 
力を合わせて 立ち上がるのだった

修験者の祖と云われてる 役小角ってこの時代の人でしたよね 確か?
他の小説でも よく題材になってて 朝廷と対立してたんだっけ?
そのくらいの知識しか無いもんで… すみませんね
広足さんが作る飯は 神饌 という神様にささげる食事で
小角や大蔵も 広足の飯を食べると力が湧くといって 有りがたがるんですが
本人は この飯の何処がいいんだろうと 最初は判かってなかったみたいですね
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin