FC2ブログ

海堂尊 ”医学のたまご”

海堂尊”医学のたまご”
海堂さんの作品の多くは”チームバチスタの栄光”から始まる物語と
何かしら陸続きであり この作品も勿論なのですが
同時に”ジーン・ワルツ”と”マドンナ・ヴェルデ”の続編でもあります
今作の主人公 曾根崎カオルは”ジーン~”の曾根崎理恵が自身の母親
山咲みどりの子宮を借りて”マドンナ~”で出産に至った双子の片割れなのだ
カオルは戸籍上の父 曾根崎伸一郎に引き取られ”産みの親”で祖母でもある
みどり(只の家政婦のオバちゃんだと思っている)に育てられている13歳の少年だ
児童書コーナーから借りてきた本にしては 複雑だな
まあそんな本人も知らん事情は ここでは一切出て来ないんだけどね
物語はカオル君が 父が作った全国知能テストで最高得点を採ってしまい
特待生として文部科学省のなんたらかんたらで あの田口先生のいる
東城大学医学部に研究生として出入りすることになる 
勿論インチキで採った高得点である 作っている最中父はカオルに
何度もテストさせたのだから だけど今更ズルでした!なんて言えない
とんでもなく難しい学術書を読めとか言われて 頭のいいクラスメイトを
巻き込んで 周りをごまかして過ごす毎日はモー大変
そんなカオルを冷ややかに見つめる やはり特別研究生の佐々木アツシ
そう!あの”ナイチンゲールの憂鬱”で出て来たまだ5歳児だったアツシくんですよー 
彼は高校生になって自分が罹患した網膜芽種の研究をしています 大きくなったねぇ
アツシ君から見ても相当危なっかしいカオル君は ふとした事から
もしかしたら世紀の大発見?!をしてしまい お調子モノで目立ちたがり屋で
困ったちゃんの担当教授藤田に利用され ヤバイ橋を渡る羽目に...
主人公が中学生だけあって最初は軽いノリなのだが 段々と人の命を預かっているという
重い現実に気付かされ 真剣に向き合わなくてはならないと思い知らされるが
大人の事情や都合とやらに翻弄されるばかりの只の中学生に何が出来ようか?
そんな時 頼りになるのは やはり父である伸一郎でした
螺鈿迷宮”で出てきた新聞記者やアツシ君を投入して藤田教授と全面対決にっ!
他にもおなじみのキャラがいっぱい出てきますよ 田口先生もなんか重鎮ぽかったし
最後にアツシ君がカオル君に耳打ちしてやらかした ある事に大爆笑でした
やるねーアツシ君 二人はいいコンビになりそーですね
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin