FC2ブログ

“御子を抱く” 石持浅海

IMG_0757[1]
以前から 読んでみたかった作家さん 初石持です

ただの精密機械会社の営業のオッサンなのに 行く先々で何気ない言葉で感銘を与え
信奉者を増やしていった男 星川が亡くなる
残された信奉者は 自分こそが星川の言葉を伝えていくのに相応しいと思っている
元同僚 親会社の社員 そして内縁の妻を擁護するグループそれぞれが派閥を作っている
唯一残された星川の子息は 事故で人工冬眠の身であり それを管理する星川の友人の
科学者が事故死を遂げた瞬間から 御子と呼ばれる子息を手に入れれば
後継者になれると考えた 信奉者達は動き出すが
人工冬眠の装置のメンテナンスを受け持つ親会社の 技術者が殺されてしまう
犯人は誰か?お互いを疑って駆け引きが繰り広げられる中 第二の殺人が…

不思議な物語である 
宗教ではないというのに 信奉者は門下生と称して 星川を慕い集まってくる
本人達も決して 宗教では無いと思っているが やってる事は滑稽な跡目争いだ
それでお金になるとか そんな事すらもないのだが 何故か一番の門下生として認められたい
その欲望が暴走しかけた途端 星川さんはそれをどう思うだろうか?という
部外者の問いに あっさり大人しくなってしまうところがまた 宗教と違うんだ
何というか 好きな人を独り占めしたいみたいな まるで子供のよな無邪気さなんだよね
いい年こいた大人達が~って 突っ込み入れつつ 読んでしまった
不思議だ~
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin