FC2ブログ

“ブラックペアン1988” 海堂 尊

IMG_0778[1]
沢山ある チームバチスタシリーズの一つで タイトル通り1988年の東城大医学部が舞台

医師国家試験の結果を待ちながら 大学病院で新米医師として働き始めた 世良
口は災いの元と言われ 自覚もしているが今更直せないと 高をくくっていたが
自身の一挙手一投足で 患者の命が危うくなる現実を目の当たりにし 気を引き締める毎日だ
同時期 帝華大を厄介払いされ 東城大外科教室へ飛ばされてきた 高階講師と担当教授佐伯の
間に挟まれ 振り回される日々を送る事になる

世良というのは 「極北クレーマー」で颯爽と出てくる 病院再建請負人の世良である
この作品では 本当にマジメな新米医師なんだが どうしてあんなキャラになったのだろう?
「極北ラプソディ」でも チラリと出てはくるんだけどさ
「ジェネラルルージュの凱旋」で 花房看護士はてっきり 速水の彼女だと 思っていたのだが
ラプソディであっさり世良に付いて行ってしまったのには 驚いた
このブラックペアンの時は 新人同士ですでにデートなんかしていたんですね
学部2年生の生徒の見学を受け持つんだけど それはお馴染み田口 速見 島津の3人だったり
(もちろん 田口先生が内科を専攻しようと決めさせた アノ出来事もあり)
何より あの狸親父の高階病院長が 佐伯教授にビッグマウスの小天狗呼ばわりされるくらい
尖った若造だった(イヤそれなりに場数は踏んでいるベテランではあるが)のには驚きました
現場をより良くしようと 昔っから闘っていたんですな 納得ですわ

チームバチスタシリーズは まだ全部読めてないし もう忘れている部分もあるので
一度 まとめて全部読んでみたいもんです 是非
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin