FC2ブログ

“沈黙の書”  乾石智子

IMG_0907[1]
シリーズ第一作目の「夜の写本師」だけが 図書館に無いので
とりあえず「オーリエラントの魔道師たち」の続編を借りてみた
続編といってもまた 次に出版されたって意味で 内容に繋がりは無いんだけどね

コンスル帝国建国前600年代 預言者ステファヌスはオーリエラントに火の時代〈戦争〉と
北からの災厄が近づいている事に気付くが それは避けられないと知る
だが 災厄の後の人々の芽吹きを助ける事なら出来ると
魔法を使える海賊王と 魔導師の助けを得て預言者としての使命を果たそうとする
時は流れ 平穏に暮らしてきた人里離れた風森村にも 戦争の魔の手が忍び寄り
戦争に使える魔導師として村から 拉致されてきた子供たちは 真実を知らぬまま騙され
戦争に駆り出され 己の力で人を殺し また幼馴染が殺されるのを目の当たりにし
風の魔導師ヴェリルは一人逃げ出し村に帰るが 自分たちが拉致された後
焼き討ちに遭い村はとうの昔に滅んでいた そこへ拉致されるときにも見かけた
黒く長い影が現れ ヴェリルの怒りを煽って復讐せよとけしかけてくるのだった…

ヴェルリの手に現れる巻物の暗示する未来を 何とか避けようと動いているうちに
仲間を取り戻し 弟を取り戻し 敵対する国々の間を繋いでゆきます
未来は変えられるのだ

何とかして「夜の写本師」から じっくり読んでみたいもんですな
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin