FC2ブログ

“GOSICK-ゴシック- RED & PINK” 桜庭一樹

IMG_0916[1]
桜庭センセの2003年から続いているシリーズ
最初はWW1後の ヨーロッパが舞台のソヴェール編で 残念ながら1度も読んでません
今回読んだのは WW2後のNYへ渡った新大陸編で RED→ BLUE→ PINK の出版順ですが
時系列だと BLUE→PINK→RED の順になります
で このシリーズで初めて読んだのが NYに到着した直後に巻き込まれた事件を描いた 「BLUE」
そして今回 その次の日を描いた 「PINK」 それから暫く経った日々を描いた「RED」 を読みました
ソヴェール編は読んでないので ヴィクトリカと一弥の腐れ縁の原因は詳しくは分かりませんが
女王様と下僕という お約束のパターンが踏襲されております

「PINK」では 前日巻き込まれた事件から無事 一弥の姉 瑠璃の元へたどり着いた二人
一弥は姉の世話になる事を気にして 早急に住居と仕事を探す事で頭がイッパイで
ヴィクトリカとハグレてしまう 新聞の人探し欄に迷子届けを載せようとして乗り込んだ新聞社で
入社希望者と間違われて あろうことか採用され駆け出しの記者になってしまう
「RED」では グレイウルフ探偵社を開設したものの 怠けてばかりのヴィクトリカ
イタリアンマフィアの大物から 事件解決を依頼され断ったら 一弥の甥を誘拐され動かざるを得なくなる 
事件は一弥が新聞に書いた記事に出てくる若手マフィアの連続殺人事件だった

独特の世界感ですね 最初ヴィクトリカが小さい小さいって言われまくってたので
本当にビスクドールくらいなのかと思ってたら 身長140センチだった 小学生くらい?
老婆のごとき濁声から やっぱ人形に取り付いてる霊かなんかだとも思ったな
瑠璃に良く お人形さんみたいなドレスを作ってもらって 嬉々として着てますね
女の子の憧れ ゴスロリファッション 勿論大好きです
時代が時代なら 間違いなく自分もやっていたであろうな うん 
私の東京で生まれ育った従妹(十代)は ちょっと前 とあるバンド(ヴィジュアル系)のファンで 
そこのファンはゴスロリファッションをしてライブに行くらしく 一着10万近くするドレスを買ってました
あー こんなドレス縫う技術があったら 今頃一財産稼げてだろうなぁって想像してます
もしくは 和裁 着物を縫えたら今は引っ張りだこですよ 
縫える人が居なくて 安物の浴衣とか出来上がりの着物は 海外でミシンで縫製してます
一反物の高級品を 自分のサイズに合わせて仕立てたくても 今は縫える人を探すの大変です
不器用で自分には無理だと知ってるけど 出来る人なら手に職はやっぱ最強ですよ
今からでも和裁 習おうかな?
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin