FC2ブログ

“147ヘルツの警鐘 法医昆虫学捜査官” 川瀬七緒

IMG_0949[1]
法医昆虫学捜査官シリーズの 第一作目です
後で出た文庫版のタイトルからは シンプルに「法医昆虫学捜査官」となっているので
同じ本だとは思わず 探しちゃいました
先に第2弾「シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官」を 読んじゃってます

放火現場から見つかった焼死体は 巨大化したハエの幼虫に胃を完全に食べられていた…
今まで散々酷い死体を見て来たベテラン刑事岩楯ですら 驚愕を覚える他殺体だった
捜査に 死体に付いた虫から検地を得る為 昆虫学の博士を捜査に加えると聞き
最初はうさん臭く見ていた岩楯だったが 現れた新しい分野 昆虫法医学を唱える赤堀の
天真爛漫にして鋭い推理力に 次第に引き込まれていく
ハエの幼虫が巨大化した原因は何なのか? 一つ一つ可能性を潰して出た結果は…

決して映像化は出来ない物語だな もの凄く面白いんだけど
駄目な人にはダメなんだろうな
でもさ 最初はゲェーって思ってても 読んでるうちに好奇心が勝ってしまうんだな これが
私はいつも 読むのは一日一冊って決めてて 夜9時に自室に引っ込んでから
12時くらいで読み終え(長いのはもっとかかる) 次の日に備えて寝る事にしてるんだが
一冊読み終えて これを手に取ってパラパラめくってるうちに そのまま明け方まで読んでしまった
実にキケンな本なのだ
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin