FC2ブログ

“祟り婿” 輪渡颯介

IMG_0985[1]
シリーズ最初の「古道具屋皆塵堂」を読んでから 直ぐに続きをよみたかったんだけど
図書館では何故か第二〰第四弾までがスッポリ抜けており 他のは貸出中
で やっとこの第五弾が帰って来たので早速借りた ファン多いんですね
面白いですもん

物語は 生来幽霊話その他怪しい事全般が大っ嫌いな男 連介
皆塵堂が「曰く付きのモノを売っている」という噂を聞きつけ
「絶対嘘に違いない 噂で人を惑わして阿漕な商売をしているのだろう」との考えから
真相を暴いてやろうと 雇ってくれと乗り込んで早五日
近所の人や皆塵堂の家主で材木商のご隠居清左衛門からの
「どうだ?出ただろ?」の問いかけに毎日辟易していた
主の伊平次に限っては 年若い(が抜け目ない)峰吉に店を任せて釣り三昧
そしてその噂の出所であろう 道具屋「銀杏屋」の若旦那太一郎に
並々ならぬ敵対心を燃やしており 喧嘩を売っているような態度に
太一郎も険悪な感情を抱いているようだが 何故かグっと抑え気味
連介は隠しているつもりだったが 実は呪われた商家への婿入りが決まっており
すれば間もなく死ぬであろう連介を 助けたいという清左衛門らの情けから
太一郎を始め 呪いを解こうと暗躍していたのであった

てっきり主役は太一郎のまんま話が進んでいると 思っていたのですが
皆塵堂という道具屋を舞台に 色んな人が幽霊がらみで振り回されるというような設定なんですね
勿論 太一郎や怪しい伊平次も相変わらず飄々と出て来るのですが
皆塵堂が潰れないように 何かと必死な大家の清左衛門さんが
一番の主役のような気がして参りました
それと 猫の鮪介と太一郎のコンビも ニヤリとさせてくれます
なのに猫嫌いって… 難儀やな
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin