FC2ブログ

“偽恋愛小説家” 森 晶麿

IMG_1046[1]
今日はお昼前にお隣の北海道で地震 こっちは揺れなかった
で さっきまた北海道の別の場所で地震 これは結構揺れた 長かったし
それから数分も経たないうちに 今度は沖縄で強い地震
今のところ 大きな被害は起きてないみたいですね  良かった
にしてもたて続けだな ヤレヤレ…

さて
森さんの著作も結構図書館にある(穴だらけなのは共通)ので 片っ端から読んでみる
今回はタイトルがなんとも印象的だ
黒猫シリーズにも近いような関係性が主人公の二人にも見えます

出版社の新人編集員月子は自社の 「ラブンガク大賞」を受賞した「彼女」の作者
夢宮宇多の担当になり張り切っていたが 夢宮はその後新作を中々書こうとせず
こいつは本当にこの小説を書いたのかと疑い始めていた
「彼女」は ウットリする程女性心理に肉薄した恋愛小説で またその路線で書いて欲しいのに
口を開けば古の御伽噺をこき下ろしては月子を不快にさせるばかりだった
他社の文学賞授賞式で 夢宮を見た推理系出版社の編集者に うちでは別のペンネームで
こすっからいミステリを書いているとも聞いて増々疑いは募る
「彼女」には実在の同姓同名の女性涙子というモデルがいて
その「彼女」の内容そのまま 妻の愛人元木に殺される夫潔の目線で書かれており
もし本当にその愛人に殺されたのなら 「彼女」は 夫の作品で元木が勝手に
出版したのではという 盗作騒動に発展
他社にも わが社にも同じ内容で夫名義の原稿があるから 訴えると脅されるが
月子は まだ夢宮を信じたい気持ちで 姿をくらました夢宮を追いかけ真相を探るのだった

偽ってのはその偽って事かの偽でしたね
思いっきり引っ掛けられて また読み直して うん勝手に騙されたねっ ってな感じ
ズルイっちゃズルイんだけどさ
これには続編があって もちろん一緒に借りて来たから これまた楽しみね
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin