FC2ブログ

“あずかりやさん” 大山淳子

IMG_1059[1]
猫弁」シリーズの続きが読みたいなーって探したら残念!無かったー
その代わりというか カバーの白猫さんに惹かれて借りてみた

舞台は 東京の下町の商店街にある質屋ではなくあずかりやさん さとう
一日100円で何でも預かります 
お客さんが決めた期限まで日数分の金額を前払いしてもらいます
期限が過ぎて取りに来なかったらこちらで処分させて頂きます
そんな不思議な商売を営む盲目の青年店主の下を 色んな人が色んな物を預けに来ます
どんな物かは姿形しか分からないので細かいところまでは気にしないしね
約束をきちんと守る店主の淡々とした日常と 何故こんな商売を始めるようになったのかが
お店の暖簾やガラスケースの語りでユルユルと進みます
お客さんの人生や胸の内を聞く一方だった無色透明の店主が 恋に自分に目覚めた瞬間
それは叶うのか叶ったのか…

料金を貰う間もなく 三毛猫から預かった子猫の白猫さんがカワイイです
作中預かってた「星の王子さま」 私も読んだ事無かったなぁ
今度借りてみるかな?
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin