FC2ブログ

“かがやき荘アラサー探偵局” 東川篤哉

IMG_1175[1]
読みたい本はずーっと貸出中で却って来ず 目ぼしい本は殆ど読んでしまって
最近は借りる本を探すのもちょっと困り気味
そんな時に手を出すにはピッタリ(失礼)な作家さん
「謎解きはディナーの後で」シリーズ以外の 単作モノが沢山あって読みやすいのよね
今作もその中の一冊です

物語は有名な金持ちの親戚の叔母さんに呼び出された無職男29歳が
時間つぶしに訪れた西荻窪の今時な骨董品店(何でもありなヤツね)で
目にした子供時代のヒーロー物のフギュアを巡って
痛~いなんちゃって女子高生と怪しいアニメ方言を吐く二人組の女と小競り合いをする所から始まる
案の定痛い目に会わされるのだが 時間が迫っていた男は何とか叔母さんの元へ
そこで叔母さんの個人秘書になれと言われてイイ気分になりそのまま泊まった叔母さんの豪邸で
殺人事件に巻き込まれるのだが事件は迷宮入りの相を呈していたがそれはそれ
叔母さんに命令された初仕事は会社所有のアパートで家賃滞納をしているヤツらを追い出す事だった
美味しい話は無いよなぁとアパートを訪れてみれば そこに居たのは何と!
あの小競り合いをした女二人に いつも白シャツにジーパンという大昔に流行った格好を常にする
ミステリー好きのやはり痛~い女のアラサー3人組だった
ヲタクが過ぎて会社をクビになりアルバイトで食いつないでいるアラサー…これは痛い!
で クチだけは立つ3人に丸め込まれ 叔母さん邸で起きた殺人事件を解決したら
溜まった家賃を帳消しにするという約束で 3人は捜査に乗り出すのだった

という鉄板の設定です
冒頭から あー番苦手なタイプが出てきちゃって どうしようかな?って思ったものの
そこは東川さん読み込めば楽しい 安定の東川ワールドだ
白シャツジーパンって楽なんだろうが 全盛期を経験した私は絶対しない恰好である
これに紺ジャケ羽織ってたら痛さ10万倍だな さすがに今は見ないけど
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin