FC2ブログ

よしもとばなな ”彼女について”

吉本ばなな”彼女について”
作者あとがきに ダリオ・アルジェントの映画にインスパイアされて書いた作品だと
あったが 私はその作品は見た事が無く 読んで思い出したのは 同じく映画の
”シェスタ”でした ネタバレですいませんが 自分が死んでいると気づかずに彷徨う
幽霊の女が 自分が殺された事実を受け入れるまでを描いた映画で 
今作と同じような物語でした ダリオ・アルジェントの映画にもあったんですね
知らんかったー ダリオの作品って”サスペリア”で世界的(主に日本だけど)になる前
イタリアで撮ってた作品で ”わたしは目撃者”だけ観た事がある
結構渋くて スプラッター的でなく精神的に怖くて面白かったなー
スプラッターは苦手になってしまったし なにしろ映画を観に行かなくなったので
ダリオの作品もとんと ご無沙汰です 観たいか?って聞かれたら 正直今は勘弁!
物語は 頭がおかしくなった母親に殺された娘が 母の双子の姉妹が使わした従兄弟に
促されて 自分の死を受け入れるまでを描いた作品です
自分が居た場所や関係があった人達を巡って 段々と昔を思い出していく様が
淡々と描かれてます 事件はもう解決してるし 忘れ去られるていくなかで
一人取り残され 孤独に生きている振りをして自分を騙す 主人公を
思わず 抱きしめたくなってしまいます 途中で出てくる霊能者も同じ気持ち
だったのでは ないでしょうか
やっぱ こーいうの書かしたら ばななさんウマイなー
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin