FC2ブログ

よしもとばなな ”もしもし下北沢”

よしもとばなな”もしもし下北沢”
よしもと先生最新作です ちょい前”彼女について”書いた時に調べてて 吉本からよしもとへ
改名してたことに気が付いた そしたら同居人(弟)が ”よしもとさんてそんな事
気にする人だったんだー”と 確かにあまりそうゆうの気にしなさそうに見えるけど
作品を読んでみれば 結構(失礼!)繊細な人だと私は思うんだけど
物語は 無理心中という卑劣な行為で父であり夫である男を殺された
娘と妻の喪の仕事を下北沢という街を舞台に 描かれてます
私は一時期東京に住んでたけど 一度も下北沢には行った事が無い田舎者
文中出てくるお店はある程度リアルなお店なのかな?どっちにしろ一生縁は無いな
あまりにもオサレ過ぎて 尻がムズムズするっ
そんなオサレな街下北沢に 父を亡くしてやっと動けるようになって越して来た
娘の部屋に 母が押しかけて来る 納得出来ないものの母を無下に追い出せず
イヤイヤ同居するも 母は親としてでなく友達として置いて欲しいというのだ
何それ?だけど 一緒に居るうちに母は母で しっかり立ち直っていくんだ
同じ男を挟んで 父と夫を共有し母と娘だった二人だけど 
赤の他人の妻と血の繋がった娘では 悲しみの種類も吹っ切り方も違うんだなーと
ホント 納得させられた
私は二親とも早くに病気で亡くしてて どちらも死ぬと判ってても死んだ時は
結構 引きずりました まして殺人(だよねー無理心中ってのは)で突然失ってしまったら
ものすごーく引きずるし 納得いかないのは当たり前
それでも 腹は減るし トイレに行きたくなるし セックスだってしたいし
生きてるってことは どーしよーもなく下世話なんだよね
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin