FC2ブログ

“家守奇譚” 梨木香歩

IMG_1828[1]
図書館のHPで検索出来るようになって真っ先に探した本
貸出中じゃないのにいくら探しても見つけられなくて諦める事数か月(休んだからね)
そりゃ図書館の人に聞けばいいやん!って思うも気おくれしちゃってね何でか
他に読みたい本もまだまだあるし…
だが今回とうとうどーしても読みたくて検索すると棚の場所も表示されるんだが
そこに読書アドバルーンとあって通常の棚とは違ってた
何よアドバルーンって?やっぱ係の人に聞く?とキョロキョロしてたらすぐ後ろの
飾り棚になってる大きな棚にあるのが目に入ったぁ!
なんだアドバってこの棚の事だったのねぇって事でやっと半年かけて手にした本は…

以前読んだ「村田エフェンディ滞土記」にも出て来た 死んだはずの友人高堂が
境界線を越えて行ってしまった経緯(なんとなくだが)と
物書きの友人綿貫が高堂の父親から留守宅を任された経緯と続編「冬虫夏草」で
探しに出かけた飼い犬ゴローとの馴れ初めが書かれたシリーズ第1作目
掛け軸を通って時々やってくる友人高堂に驚くでもなく淡々と接する綿貫
ある日後ろをついて来た犬に困っていたら飼えばいいと高堂がやって来る
犬の面倒すら見る余裕も無いと嘆く綿貫に友人は何とかなるさと無責任に言うが
実際隣の犬好きな夫人に犬ぐるみでご飯の面倒を見てもらえる事に
その後ゴローと高堂に名付けられた犬は何故か仲裁の腕を買われ
あちらこちらへ行って留守がちに
だが綿貫がキツネやタヌキに化かされそうになると不思議とゴローが現れ
綿貫を危険から救い出す忠犬ぶりが頼もしく可愛いくてしょうがない
本業の物書きがパッとしない綿貫は後輩でもある編集者に
高堂の事を書けばいいと言われ 改めて高堂の居る世界が気になる
高堂にその時が来れば分かるとだけ告げられ 諦めるが…

「冬虫夏草」でのゴローを心配するあまり探しに出た綿貫が
何故ゴローをここまで信頼するのか分かりました
ホントゴローかわいい 私犬は苦手だけどゴローはいいな
そしてまた「村田~」や「冬虫夏草」が読みたくなるのです
この3冊は是非買って何度も読み込みたい大切な作品です
スポンサーサイト



nightjasmin
Posted bynightjasmin